相談料について

B型肝炎訴訟で給付金を受け取ることについて、弁護士に依頼する場合は相談料がかかってしまいます。これがどのくらいのお金になるのか不安な方は多いでしょう。

電卓相談料についてはどの弁護士事務所に依頼するのかによって大きく変わります。たとえば相談料や調査費用、着手金を無料にしているところもあるのです。ただし、この場合は給付金額の1割程度のお金は弁護士事務所に渡すことになります。そのため、相談料が無料だったとしても、それがお得であるというわけではありません。

弁護士費用については支給される給付額のうち6%から12%に設定している弁護士事務所が多いです。裁判にかかる費用については自己負担のところもあれば、弁護士負担のケースもあります。相談料については無料のところが多いのですが、初回だけ無料というケースもあります。トータルでどのくらいの費用がかかってしまうのか計算しておきましょう。

また、費用だけで弁護士を選ぶべきではないでしょう。たとえば困難な案件の場合は失敗する可能性もあるため、弁護士側としては拒否したいと思うものです。相談者の状況によって、最適な弁護士を選ぶべきでしょう。きちんとした実績があり、相談をしたときにしっかりと話を聞いてくれる弁護士を選びましょう。

弁護士に相談する

B型肝炎は集団予防接種によって多くの方に広まってしまいました。これは国の責任のため、感染者に対して国は給付金を出すことになったのです。この給付金について弁護士に相談をするという方はたくさんいます。

お金弁護士に相談をすると自分がどの程度の給付金額を受けることができるのかが分かります。給付金は最大で3,600万円となっているため、できるだけ多くの給付金を得たいという方が多いのです。実際に弁護士に依頼をすると訴訟をすることになります。その際には資料を集める必要があるでしょう。最終的には和解手続きをして、お金を受け取ることになります。

それではどうして給付金を受け取るのに弁護士が関係するのでしょうか。これは給付の対象となるかどうかを裁判所が認定するからです。弁護士に相談をして、国を相手にして国家賠償請求訴訟をすることになります。これで国と和解することができれば、給付金を受け取れるのです。したがって、給付金を国が出してくれるからといって、申請をしてすぐに受け取れるわけではありません。基本的には弁護士に頼ることになるでしょう。必要な資料をきちんと集めて、正式な手続きを進めていかなければ、お金を受け取れないのです。法律のプロに相談をすることが大切です。

B型肝炎と給付金

肝炎というのは肝臓疾患の一つであり、肝臓が炎症を起こしてしまうことです。これによって細胞が破壊されてしまいます。もし肝臓の炎症が半年以上続くようであれば、それは慢性肝炎であると診断されます。さらにそれが長期化すると肝がんや肝硬変になってしまうのです。

慢性肝炎の原因となっているのは9割が肝炎ウイルスの感染によるものです。肝炎ウイルスにはA型やB型といったものが全部で5種類があります。その中でも日本ではB型肝炎とC型肝炎が多いのです。

男性日本にはB型肝炎ウイルスに感染している方は130万人から150万にいるとされています。そのほとんどは40歳以上の人達です。B型肝炎のウイルスに感染したとしても、それが一過性感染であれば自然に排除されて治癒できます。しかし、持続感染してしまうと、ウイルスが体内にすみついてしまい、キャリアとなってしまいます。こうして慢性肝炎となってしまうのです。

B型肝炎については成人になってから感染してもキャリア化することはほとんどありません。しかし、母子感染については赤ちゃんは免疫系が発達していないためにウイルスを排除できないため、キャリアとなってしまいます。ただし、現在はきちんとワクチン接種をするという対応が確立しているため、母子感染のケースは減っています

B型肝炎の相談

B型肝炎といえば国のミスによって多くの感染者が出てしまったことで知っている方は多いでしょう。過去に集団予防接種をする際に注射器を使いまわしてしまったというミスがあったのです。これによって、多くの方がB型肝炎に感染してしまいました。これは本人達にとっては防ぎようのない問題であり、国がきちんと指導をしなかったために起きてしまいました。そのため、国の方では給付金を出すことによって、苦しんでいる人を助けようとしています。

B型肝炎については過去のことだと考えている方がいるかもしれませんが、現在でも苦しんでいる患者はたくさんいるのです。そのため、他人事だと考えるのではなくて、日本の社会問題の一つとして真剣に考えるべきでしょう。そもそもB型肝炎とは一体何なのかを知らない方が増えているかもしれません。最近はあまり話題になることがなくなっており、集団予防接種で注射器を使い回すなんてありえないことだと考える方は多いでしょう。しかし、そのようなありえないミスが実際に過去の日本で起きており、その影響が今も残っているのです。

弁護士こちらでは実際にB型肝炎になっていて給付金をもらう際にどのようにすれば良いのかを教えましょう。特に弁護士に相談をする際に知っておくべきことについて紹介します。給付金について分からなかったり困っていたりすることがあるならば、積極的に弁護士を頼りましょう。その際には相談料について気になる方が多いでしょう。こちらでは相談料についてもきちんと説明します。